アクセサリー、バッグ雑貨など、作家たちの「好き!」をたっぷり詰め込んだ、とっておきの1点に出会えるクリエイターズマーケット♪

2015-05-08

monom うだ.jpg

monom(うだまさし)

monomとは、「モノで結ぶ」ということ。
目指しているのは、自然体の生活。
背伸びしない、自分の背丈に合った豊かな暮らしです。
そこにあるだけの佇まいと、手に取ったときの温もりを大事に、日々を模索、制作しています。
木は使い込むほどに、味が出てくるもの。
きっと「毎日の暮らし」が「気づきの暮らし」に変わるはずです。
そんなモノとみんなを結びます。

monom うだまさし

1983年秋田県で生まれ、千葉で育つ。
高校でインテリア科に入学し、家具とデザインを知る。
その後、舞台美術、ディスプレイ等のデザインを学び、大道具会社に勤務。
壊される切なさを苦に、顔が見える家具の道に向かう。

家具工房で学んだ後、品川の訓練校で鍛錬を重ね、2011年にmonomを立ち上げる。

monomホームページ